工業用トラックボール

工業用トラックボールは、制御機器を管理制御している、DOS/Vパソコンのマウスに代わるポインティングデバイスです。
PS/2ポートまたはUSBポートが搭載されている、DOS/Vパソコンであれば動作可能です。
多くの画像処理システムや制御機器に搭載されています。

トラックボールとは

上部にある球体(ボール)を手で回転させて、カーソル(ポインタ)などを操作するための装置で、通常は項目の決定と選択のための、ボタンが2個以上配置されています。
トラックボールの操作は、マウスのように手でカーソルを動かす代わりに、指先や手のひらを使って、ボールだけを回転させます。
トラックボールの操作には腕や手を動かす必要が無く、またマウスのように広いスペースも必要としません。
また、足で操作する場合は、両方の手が自由に使えるので、身体障害者でも利用が可能で、画像診断装置のような医療用途、工業用や軍事用、公共施設のパソコンにも多く用いられています。

株式会社SRCの、PS/2やUSB搭載の、DOS/Vパソコンで使用可能ですので、ご利用ください。